Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮外相 ベトナム・シリア・モンゴル・中国歴訪終え帰国

記事一覧 2018.12.11 20:02

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相がベトナム、シリア、中国、モンゴル訪問を終え、11日に帰国した。朝鮮中央通信が報じた。

北京空港から帰国の途につく李外相(左)=(聯合ニュース)

 朝鮮中央通信は李氏を団長とする代表団が帰国したと短く報じ、そのほかの説明は加えなかった。

 李氏は先月29日からこの日まで、中国・北京を経て13日間の日程で4カ国を歴訪した。

 ベトナムではグエン・スアン・フック首相やファム・ビン・ミン副首相兼外相と会談し、シリアではアサド大統領、モンゴルでは副首相や外相と会談した。

 中国では習近平国家主席や王毅国務委員兼外相と会合した。習氏はこの席で「中国はこれまでと同様に南北の関係改善と和解協力の推進を支持する」とし、「米国と北朝鮮が互いに向かい合って進むことを願う」と述べた。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。