Go to Contents Go to Navigation

南北が13日に実務会議開催 鉄道・道路連結の着工式日程など協議

記事一覧 2018.12.12 20:50

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮が南北の鉄道・道路の連結に向けた着工式の日程などを話し合うための実務会議を13日に開催する。韓国統一部が12日伝えた。

韓国と北朝鮮は鉄道・道路の連結に向けた着工式の日程などを協議するための実務会議を13日に開催する(聯合ニュースTV提供・コラージュ)=(聯合ニュース)

 韓国政府は年内に着工式を開催するために実務協議を着実に進めていく予定という。

 会議は北朝鮮・開城工業団地内の共同連絡事務所で行い、韓国側からは事務所のキム・チャンス事務局長、北朝鮮側からは黄忠誠(ファン・チュンソン)祖国平和統一委員会部長など事務所常駐者が出席。会議に合わせ訪朝する出席者はいない。

 会議では着工式の場所や日程、出席者などについて幅広く協議が行われる予定だ。

 南北はこれまで着工式の開催に関する問題を文書で協議しており、今回の会合では具体的な日程や場所が決まる可能性があるとみられている。

 韓国政府は南北の鉄道・道路の連結に向けた共同調査が終わった後に着工式を行う方針を示しており、今回の会議で朝鮮半島東側の東海線の北朝鮮側道路に対する共同調査の日程についても合意できるか注目される。

 現在進行中の東海線の鉄道調査が終われば、調査していない区間は東海線の道路だけになる。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。