Go to Contents Go to Navigation

外国人観光客の消費パターンに変化 「Kファッション」が人気=韓国

記事一覧 2018.12.13 11:43

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウルを訪れる外国人観光客が今年1200万人を突破すると予想される中、これまで化粧品に集中していた消費パターンが変化していることが、13日分かった。

明洞の衣料品店(資料写真)=(聯合ニュース)

 新世界百貨店によると、今年1月から11月まで本店と江南店を中心に外国人客の消費パターンを分析した結果、江北エリアでは衣料品、江南エリアではブランド品の購入が多かった。

 同百貨店の本店では昨年はメーキャップ化粧品、今年はスポーツ衣類やストリートファッションが人気だった。一方、江南店では昨年に続き今年も海外のブランド品が最も多く購入された。

 同百貨店は、ソウルの繁華街、明洞を中心に20~30代の若者の訪問が多い本店では「韓流」の影響でファッションが人気を集め、ビジネスマンの訪問が多い江南店ではブランド品の人気が高いと説明した。

 百貨店を訪れる外国人の国籍も多様化しており、今年は日本、米国、ベトナムなど非中華圏の顧客数が前年比22.5%増加するなど、中華圏に迫る消費力を示している。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。