Go to Contents Go to Navigation

韓国済州島で難民申請のイエメン人 2人を認定・50人に滞在許可

記事一覧 2018.12.14 11:52

【済州聯合ニュース】韓国法務部の済州出入国・外国人庁は14日、南部・済州島に入国して難民申請し、審査結果待ちだった85人のイエメン人のうち2人を難民と認定した。50人には人道的配慮から滞在許可を出し、22人は難民不認定とした。

済州出入国・外国人庁はイエメン人85人の難民申請に対する審査結果を発表した(イメージ)=(聯合ニュース)

 難民認定を受けた2人は元記者で、内戦下のイエメンで反政府武装勢力のフーシ派などに批判的な記事を書いていた。済州出入国・外国人庁は、2人がフーシ派から拉致・殺害を脅迫されるなどし、この先も危険が及ぶ恐れがあると判断した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。