Go to Contents Go to Navigation

韓日問題 「賢明に対処し未来志向の関係構築を」=韓国首相

韓日関係 2018.12.14 14:57

【ソウル聯合ニュース】韓日・日韓議員連盟の合同総会が14日、ソウルで開かれ、韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は祝辞で、「韓日両国は経済、文化をはじめ全分野の交流と協力を持続させ拡大させなければならない」とした上で、「現在のように両国が困難な問題にぶつかることもあるが、問題をありのままに直視し賢明に対処する一方で、両国の交流と協力を維持しながら未来志向的な関係を構築するよう賢く努力することを望む」と述べた。

韓日・日韓議員連盟の合同総会で祝辞を述べる李首相=12日、ソウル(聯合ニュース)

 李氏は「世界のほぼ全ての隣国同士がそうであるように韓日も過去、現在、未来の課題と可能性を共に抱えている。過去は現在と未来のための資産だが、時には負債になったりもする」との見方を示した。

 また、1998年に当時の金大中(キム・デジュン)大統領と小渕恵三首相が「韓日共同宣言」を発表してから20周年を迎えた今年は韓日関係の未来のために重要な年だと強調した。同宣言発表直後、金大統領が「日本には過去を直視し歴史を恐れる勇気が必要であり、韓国は日本の変化した姿を正しく評価し未来の可能性に対する希望を探し出すことができなければならない」と述べた演説内容に言及しながら、韓日・日韓議連に対し建設的な役割を果たすよう要請した。

 李氏は「政治とメディアが、相手国に対する自国民の反感を刺激し利用しようとすれば、それは無責任で危険なこと」と指摘。困難な問題が起きたときこそ政治家は自制し、知恵を発揮すべきだとの考えを示した。

 2月に韓国で開催された平昌冬季五輪の開会式に安倍晋三首相が出席したことにも触れ、「(安倍氏の出席が)日韓議員連盟の額賀福志郎会長、河村建夫幹事長、自民党の二階俊博幹事長の尽力によるものだと聞いている。これが政治の役割であり、両国の議連の力だ」と述べた。

 両議連は1972年の発足後、両国政府が直面した難題を解決し、両国関係を未来志向的に発展させるために政治力を発揮してきたと振り返りながら「私が政治家として、議員連盟の一員として皆さんと共に仕事をしたことを誇りに思う理由がそこにある」と語った。

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。