Go to Contents Go to Navigation

東北アジア財団・国家記録院が覚書 植民地時代の被害解明期待=韓国

記事一覧 2018.12.17 16:06

【ソウル聯合ニュース】韓国の政府系シンクタンク「東北アジア歴史財団」は17日、国家記録院と業務協力に関する覚書(MOU)を締結したと発表した。

MOUの締結式(財団提供)=(聯合ニュース)

 MOUには▼所蔵資料の共有や提供▼北東アジアの歴史関連記録の収集・保存・活用のための共同努力――などが盛り込まれた。

 同財団はMOUについて、「北東アジアの歴史資料、特に最近関心が集中している強制動員被害関連の名簿や(旧)日本軍の慰安婦関連史料を共有し、被害実態を明らかにすることに大きく役立つと期待する」と説明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。