Go to Contents Go to Navigation

南北鉄道・道路連結の着工式 開催費7千万円策定=韓国政府

記事一覧 2018.12.18 15:18

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は18日、南北交流協力推進協議会を書面で開催し、今月26日の開催で北朝鮮と合意した南北の鉄道・道路の連結・近代化に向けた着工式の開催費用として7億200万ウォン(約7000万円)を策定したと明らかにした。具体的な費用の内訳は公開していない。

南北の鉄道・道路の連結・近代化に向けた着工式は26日に開催される(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 統一部は、着工式の韓国側出席者が列車で訪朝するシナリオなどを土台に費用を見積もったとされる。同部の当局者は「全額使い切るというわけではなく、7億ウォン余りの範囲内で行事を開催するということだ」と説明している。

 着工式は北朝鮮・開城にある板門駅で開かれ、南北それぞれ100人が出席予定。韓国からは趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官や金賢美(キム・ヒョンミ)国土交通部長官らが、北朝鮮からは李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長や張革(チャン・ヒョク)鉄道相らが出席するとみられるが、出席者や開催方式などはまだ確定していない。

 韓国政府は着工式の準備のため、週内に北朝鮮に先発隊を派遣する計画だ。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。