Go to Contents Go to Navigation

文大統領「悲壮な覚悟で製造業の復興戦略を」 官庁の業務報告で

記事一覧 2018.12.18 16:37

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日、産業通商資源部から2019年度(1~12月)業務報告を受けた席で、政府が目指す「革新成長」の中核は製造業だと指摘しながら、「悲壮な覚悟で製造業の復興に向けた戦略を整えるべきだ」と促した。

産業通商資源部の業務報告に先立ち発言する文大統領=18日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は、政府はこれまで製造業の高度化や第4次産業革命への対応を進めてきたが、政策的努力にもかかわらず産業の現場ではまだ効果を実感できずにおり、製造業密集地域は依然困難な状況だと指摘。造船や自動車など地域密着の製造産業が傾けば、地域経済と地元住民の生活も困窮するという悪循環に陥っているとした。

 その上で、産業政策がないなどと一部で批判されていることについて政府の自省が必要だとし、「政府は産業界が抱える問題にきちんと耳を傾けたのか、意思疎通が十分だったのかを振り返るべきだ」と述べた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。