Go to Contents Go to Navigation

高校生10人死傷のペンションでボイラー配管ミス確認 人災か=韓国

記事一覧 2018.12.18 19:55

【江陵聯合ニュース】韓国北東部・江陵のペンションで18日、宿泊中だった高校3年の男子生徒10人が意識不明の状態で見つかり、うち3人が死亡した問題で、警察当局はガスボイラーと排気口をつなぐ筒の接続部分にずれが生じており、ガス漏れ警報機がなかったことを確認したと明らかにした。人災の可能性が高いとみられる。

男子生徒10人が意識不明の状態で見つかったペンションの換気口=18日、江陵(聯合ニュース)

 警察関係者は「排気ガスが外部に排出されず、事故につながった可能性に重きを置いているが、あらゆる可能性を考えている」と説明した。

 警察当局は捜査本部を設置し、真相究明を進めている。

 事故直後にペンション内で測定された一酸化炭素濃度は155ppmで、正常値の8倍を超えていた。

男子生徒10人が意識不明の状態で見つかったペンション=18日、江陵(聯合ニュース)

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。