Go to Contents Go to Navigation

元プロレスラー・金一さん 「スポーツ英雄」に=韓国

記事一覧 2018.12.19 17:52

【ソウル聯合ニュース】大木金太郎のリングネームで日本のプロレス界で活躍した故金一(キム・イル)さんが大韓体育会(韓国オリンピック委員会)のスポーツ英雄名誉の殿堂入りを果たした。

大木金太郎のリングネームで日本のプロレス界で活躍した故金一さんがスポーツ英雄名誉の殿堂入りを果たし、記念式に長男のスアンさんが出席した=19日、ソウル(聯合ニュース)

 スポーツ英雄は、逆境や苦難を乗り越え全世界に韓国をアピールしたアスリートや指導者、韓国スポーツ界発展の功労者の中から選ばれる。

 スポーツの英雄名誉の殿堂入り記念式が19日、ソウル市内で行われ、金さんの遺族が金さんに代わり出席した。

 2006年に他界した金さんは、全羅南道で生まれ。朝鮮半島固有の相撲「シルム」の選手として名を馳せた。日本の雑誌で力道山の記事を見たのをきっかけにプロレスに入門した。

 強烈な頭突きを得意とする金さんは60~70年代に国民に感動を与えたことが認められ、1994年に国民勲章石榴章、2000年に体育勲章猛虎章、2006年に体育勲章青龍章を受章した。

 長男のスアンさんは記念杯を受け取り、天国にいる父がとても喜ぶと思うと述べ、感謝を伝えた。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。