Go to Contents Go to Navigation

艦艇から誘導弾・航空機迎撃 独自技術で防衛用誘導弾開発=韓国

記事一覧 2018.12.24 11:34

【ソウル聯合ニュース】韓国の防衛事業庁は24日、艦艇から敵の誘導弾や航空機を迎撃する防衛用誘導弾「海弓(ヘグン)」を独自開発したと発表した。

海弓の発射実験(防衛事業庁提供)=(聯合ニュース)

 海弓の開発は米レイセオンから導入したRAM(対艦誘導弾防衛用誘導弾)を代替するため、2011年から開発が進められてきた。有事の際、敵の艦艇にも対応することを想定し、外国の同種の兵器と比べても劣らない防衛能力を持たせた。

 垂直発射方式により全方位に発射できる。二重探索装置を搭載したため悪天候でも発射可能だ。最大射程は20キロ。来年に量産を始め、21年から海軍の護衛艦や揚陸艦に順次配備される。

 防衛事業庁は「近接防御能力が大きく強化される」とし、「純国産技術で開発され、防衛産業企業の技術力向上に寄与することになるだろう。価格と技術の競争力を兼ね備え、輸出の可能性も期待される」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。