Go to Contents Go to Navigation

ソウルの地下鉄 スト回避=労使交渉妥結

記事一覧 2018.12.27 08:56

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウルの地下鉄1~8号線を運営するソウル交通公社の労使の賃金・団体協約交渉が27日、妥結した。労組側は交渉が決裂した場合、無期限のストライキに突入する方針を示していたが、ストは回避された。

地下鉄2号線の列車(資料写真、ソウル交通公社提供)=(聯合ニュース)

 労組は賃金の7.1%引き上げや労働時間の短縮、安全担当職員の増員などを求めていた。労使は10回にわたり交渉を実施。なかなか合意に達しなかったが、最後の交渉で賃金の2.6%引き上げなどで合意した。

 地下鉄は「必須公益事業場」に指定されており、ストに入っても運行に必要な最小限の人員は配置されるが、運行本数の削減は避けらず通勤・通学などに影響が出るところだった。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。