Go to Contents Go to Navigation

民間人監視疑惑 「想像もできない」=韓国大統領秘書室長

記事一覧 2018.12.31 12:15

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)民情首席秘書官室の特別監察班に所属していた捜査官のキム・テウ氏が民間人の監視・情報収集などを行っていたと暴露した問題について、任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長は31日、国会運営委員会で「民間人に対する監視は想像もできないこと」とした上で「文在寅(ムン・ジェイン)政権で政治的な目的の監視行為は存在しない」と答弁した。

国会の委員会で答弁する任氏=31日、ソウル(聯合ニュース)

 また、「政権発足とともに、大統領の強い意志により、(情報機関)国家情報院の国内の主要人物に関する情報や機関の動向情報の(調査)機能を完全に廃止した」と強調。「民情首席室は大統領の親族らの周辺人物を管理するとともに、青瓦台や政府、公共機関の高官に関する人事検証を実施することで監察を通じた公職者の不正を常時予防し、綱紀を粛正する機能を担っている」として、「従って、政府や傘下機関の高官の職務動向報告やそれによる措置は民情首席室の正当な業務」と説明した。

 その上で、「キム氏は業務過程で過去の弊習を捨てられず、業務範囲を越える逸脱行為を犯した」として、「この事件の本質は不正で苦境に陥った犯罪嫌疑者が生存のため、国政を揺るがそうと起こした歪んだ逸脱行為」との認識を示した。

 ただ、「秘書室の手落ちがあったことも重く考えている」として、「なぜ青瓦台の綱紀粛正を徹底しなかったのかとの叱咤(しった)は受けたい」と表明。「責任感を感じている。いつでも秘書室長として必要な責任を取る」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。