Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜自動車の18年販売 前年比2.0%増

記事一覧 2019.01.02 17:58

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車と子会社の起亜自動車は2日、両社の昨年の販売台数が前年比2.0%増の739万8975台だったと発表した。

現代自動車と起亜自動車(資料写真)=(聯合ニュース)

 国内販売は3.5%増の125万2778台、海外販売は1.7%増の614万6197台を記録した。

 両社の昨年の販売台数は当初の年間目標(755万台)に満たず、4年連続で目標販売台数を下回った。

 現代の販売台数は458万6775台で前年比1.8%増加した。国内販売(72万1078台)は4.7%増、海外販売(386万5697台)は1.3%増だった。

 起亜は国内販売(53万1700台)が前年比1.9%、海外販売(228万500台)が2.5%それぞれ増加し、年間販売台数は2.4%増の281万2200台だった。同社の販売台数が増加に転じたのは2015年以来3年ぶり。

 モデル別にみると、現代の小型セダン「アバンテ」は昨年世界で69万9018台を売り上げ、両社を合わせて最多販売モデルとなった。

 国内市場では電気自動車(EV)の躍進が目立ち、ハイブリッドモデルの販売台数が前年比14.4%増の3万2510台、EVモデルは2倍以上増加した1万6799台を記録した。

 起亜は国内と海外でSUV「スポーテージ」(50万1367台)が最も多く売れ、国内では「モーニング」(5万9042台)を筆頭にセダンが計23万7601台販売された。

 代表的セダンの「Kシリーズ」は前年比27.4%増の計14万5838台を売り上げた。

 多目的レジャー車(RV)では「カーニバル」が7万6362台を売り上げ、同社の全モデルの中で年間累計販売台数1位を記録した。

 一方、昨年12月の月間販売台数は現代(41万326台)が前年同月比0.4%、起亜(24万1199台)が6.3%それぞれ増加した。

 現代は12月の国内販売が21.5%増加したが、海外販売は2.8%減少し、起亜は国内販売が9.3%減少した反面、海外販売は10.3%成長した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。