Go to Contents Go to Navigation

昨年の対韓直接投資は過去最高 日本から減少も17.2%増

記事一覧 2019.01.03 11:23

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は3日、2018年の海外から韓国への直接投資(届け出ベース)は前年比17.2%増の269億ドル(約2兆9000万円)で、過去最高を記録したと発表した。

対韓直接投資が過去最高額を記録した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 実行ベースの対韓直接投資は前年比20.9%増の163億9000万ドルを記録した。対韓直接投資は15年から4年連続で200億ドルを突破し、成長を続けている。

 地域別では▼欧州連合(EU)89億2000万ドル▼米国58億8000万ドル▼中国27億4000万ドル▼日本13億ドル――の順だった。

 日本からの投資額は29.4%減少したが、中国からの投資は米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備を巡り韓中関係がぎくしゃくしても238.9%急増し、過去最高を記録した。

 業種別では機械装備・医療、精密、運送用機械など製造業への投資が38.9%増の100億5000万ドルで、国内大企業とのグローバルバリューチェーン形成と第4次産業革命に対応するための新産業分野での技術競争力確保に向けた投資が活発だった。

 サービス業は前年比1.4%増の155億8000万ドルで、デジタル経済トレンドの広がりによりITプラットフォーム、クラウド、電子商取引、フィンテック(金融とITの融合)分野などさまざまな新産業サービス分野に投資が集中した。

 産業通商資源部は「昨年は国内外の厳しい条件にもかかわらず外国人投資が維持されていることが立証された」とし、「韓国経済の堅調なファンダメンタルズ(基礎的条件)と多角的な投資誘致の努力の結果だ」と評価。今年も外国人投資により国内の産業競争力を向上させ、質の高い雇用を創出できるよう技術力を持つ外国企業を積極的に誘致する方針を示した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。