Go to Contents Go to Navigation

霊岩王仁文化祭りのグローバル化目指す 韓日共同プログラム運営も 

記事一覧 2019.01.03 14:09

【霊岩聯合ニュース】韓国南西部の全羅南道霊岩郡が、漢字などを伝えるため日本に渡った百済の学者、王仁博士をたたえ4月に開催している「霊岩王仁文化祭り」のグローバル化に取り組んでいる。

霊岩王仁文化祭りのパレード(資料写真)=(聯合ニュース)

 同郡によると、霊岩王仁文化祭りは今年まで5年連続で韓国政府から「文化観光祭り(有望祭り)」に選定され、予算支援や国内外への広報支援を受けている。

 郡は祭りのグローバル化に向け、「グローバルサポーターズ」の運営を通じて約1万人の外国人観光客を呼び込む計画を掲げる。優れたプログラムの開発や郷土料理販売館の高級化にも努めている。

 韓日共同プログラムも運営する。霊岩王仁文化祭りの目玉となっている王仁博士の渡日行列と、佐賀県神埼市の祭り行列を代表プログラムとして企画する。相互に大規模訪問団が参加する王仁博士関連のテーマプログラムを拡大する戦略も立てた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。