Go to Contents Go to Navigation

哨戒艦撃沈など「北の責任ある措置必要」 長官発言受け=韓国国防部

記事一覧 2019.01.03 15:19

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は3日、2010年に起きた海軍哨戒艦「天安」撃沈事件と延坪島砲撃事件は「明白な北の軍事挑発」だとし、「これに対して北が責任ある措置を取るべきとの立場に変わりはない」と表明した。鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)同部長官が1日にテレビ番組で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)がソウルを訪問するなら両事件に対する謝罪を受けるべきとの指摘に対し、「(非核化が)うまくいくようにするという意味で、われわれが一定の理解を示し、未来のために進むべき」などと述べ、波紋が広がったことから釈明資料を出した。

鄭景斗長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 国防部は鄭氏の発言に関し、「天安爆沈と延坪島砲撃という挑発に対する明白な謝罪が必要だという国民の要求を『理解』しており、国民に理解を求めるというのは朝鮮半島の非核化と平和定着に向けた政府の努力を強調する趣旨のものだ」と釈明した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。