Go to Contents Go to Navigation

韓国海軍が今年最初の海上機動訓練 黄海・緩衝区域外で

記事一覧 2019.01.04 11:50

【ソウル聯合ニュース】韓国海軍は4日、黄海の緩衝区域の南側で今年最初の海上機動訓練を実施したと発表した。緩衝区域では、南北が昨年9月に署名した「板門店宣言の履行に向けた軍事分野合意書」に基づき、地上・海上・空中での一切の敵対行為を中止している。

南北は「板門店宣言の履行に向けた軍事分野合意書」に基づき、緩衝区域を設けた。ここでは砲射撃や機動訓練などを実施しない=(聯合ニュースTV)

 訓練には新型護衛艦「忠北」をはじめ、哨戒艦や誘導弾高速艦などの艦艇、海上作戦用ヘリコプターなどが参加。海上射撃訓練も実施した。

 指揮したキム・ハクミン大佐は、同訓練で新任の指揮官、部署長が将兵とのチームワークを養ったとし、「黄海でもしっかりとした備えの態勢を確立するよう最善を尽くす」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。