Go to Contents Go to Navigation

来週にも大統領秘書室長ら交代 国家安保室長は留任の方針=韓国

記事一覧 2019.01.04 15:44

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は来週後半にも青瓦台(大統領府)大統領秘書室長や政務首席秘書官、国民疎通首席秘書官を交代させる。

大統領秘書室長の後任候補とされる(左から)盧氏、趙氏、鄭氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 政権中期を迎え雰囲気を一新し、国政運営力を維持するための布石で、青瓦台関係者は「(人事の)発表時期は早ければ来週後半、遅くても来月2~6日の旧正月連休の前になる」との見通しを示している。ただ、別の関係者は「今回の人事のコンセプトである刷新の意味を生かすためには全体の人選をまとめて発表しなければならない」として、「(後任候補の)一人でも問題がある場合、全体の人事が遅れる可能性がある」と述べた。

 任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長の後任には文大統領の最側近とされる盧英敏(ノ・ヨンミン)駐中大使が有力視される。趙潤済(チョ・ユンジェ)駐米大使や鄭東采(チョン・ドンチェ)元文化観光部長官の名前も挙がっている。秘書室長が交代になる場合、任氏は2020年の国会議員総選挙への出馬を準備するとみられる。

 韓秉道(ハン・ビョンド)政務首席秘書官の後任には与党「共に民主党」の姜琪正(カン・ギジョン)前国会議員、同党の李哲熙(イ・チョルヒ)国会議員らが取り沙汰されている。

 尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は退任すれば総選挙で京畿道・城南から立候補するか、入閣するとみられる。入閣する場合は次期文化体育観光部長官に選ばれる可能性がある。尹氏の後任には民主党の金聖洙(キム・ソンス)国会議員や文大統領から高い信頼を得ているとされる金宜謙(キム・ウィギョム)青瓦台報道官らの名前が挙がる。

 一方、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)のソウル訪問など外交・安全保障上の課題が多く、留任になるとの見方が多い。チョ国(チョ・グク)民情首席秘書官も司法改革を引き続き推進し、青瓦台による民間人監視疑惑を巡る混乱を収拾するため続投させるとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。