Go to Contents Go to Navigation

失踪した北朝鮮外交官が米亡命? CIAなどは言及控える

記事一覧 2019.01.06 09:57

【ワシントン聯合ニュース】北朝鮮の駐イタリア大使代理だった昨年11月に身を隠し、行方が分からなくなっているチョ・ソンギル氏が米国に亡命したかどうかについて、米政府当局は5日(米東部時間)、具体的な言及を控えた。

行方が分からなくなっているチョ氏(中央)=(AP=聯合ニュース)

 米中央情報局(CAI)は米国亡命に関する聯合ニュースの質問に、「亡命申請は一般的に国務省が取り扱うため、そちらへ問い合わせてほしい。それ以外、答えられることはない」と述べるにとどめた。

 米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)によると、国務省は同放送局の質問に対し、「身辺の安全や財産保護、国家安保に必須と判断される事件と争点について、メディアとのコミュニケーションを制限する内部指針に基づき、答えられない」と説明している。

 現在、チョ氏の行方は確認されていない。イタリアの保護を受けながら第三国への亡命を待っているとの報道や、米国または英国に既に亡命しているとの見方などがある。また、北朝鮮に送還された可能性も排除できないとの報道もある。

csi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。