Go to Contents Go to Navigation

正恩氏 4度目の訪中=7~10日

記事一覧 2019.01.08 09:27

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮のメディアは8日午前、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が7~10日の日程で李雪主(リ・ソルジュ)夫人と共に中国を訪問すると一斉に報じた。

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は金委員長夫妻が中国を訪問するため、平壌を出発したと報じた=8日、ソウル(労働新聞=聯合ニュース)

 金委員長の訪中は今年初めての公開活動となる。訪中は昨年に続き4度目。トランプ米大統領が2度目の朝米(米朝)首脳会談が近く開催されると相次いで発言している中、金委員長が今年最初の対外公式活動として習近平国家主席と首脳会談を開くことになり、今年も中国と緊密な協力関係を続けるとみられる。

 北朝鮮の朝鮮中央放送によると、金委員長の訪中には金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長や李洙ヨン(リ・スヨン)党副委員長、朴泰成(パク・テソン)党副委員長、李容浩(リ・ヨンホ)外相、努光鉄(ノ・グァンチョル)人民武力相(国防相に相当)ら党と政府機関の幹部が同行した。

 また、「最高領導者同志は見送りに訪れた幹部らとあいさつを交わし、専用列車に乗った」と報じ、金委員長が列車に乗って訪中したことを明らかにした。北朝鮮メディアが金委員長の北京到着前に訪中の事実を伝えるのは異例。

 中国中央テレビもこの日午前8時、朝鮮中央放送と同時に金委員長の訪中を報道し、双方が事前に発表時間を調整したとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。