Go to Contents Go to Navigation

地上軍最高司令部の創設式開催 東西戦線を統合=韓国

記事一覧 2019.01.09 10:37

【ソウル聯合ニュース】韓国軍で西部戦線を担当する第3野戦軍司令部と東部戦線を担当する第1野戦軍司令部を統合した陸軍地上作戦司令部の創設式が9日、京畿道・竜仁で開かれた。戦時には韓米連合軍司令部の指揮を受ける地上構成軍司令部の役割を担う。

金雲龍司令官=(聯合ニュース)

 陸軍は「兵力の減少により、効率的に軍を運用しなければならない状況や部隊の削減、構造改編などの環境を考慮し、前線地域の地上作戦を統合指揮する作戦司令部の必要性を認識し、1998年から地上作戦司令部の創設を推進してきた」と説明。「朝鮮半島の恒久的な平和を力で後押しする役割を果たす」として、「地上作戦司令部の創設は国防改革の重大な初めての成果であり、一部の部隊が減るが軍団や師団の戦力はむしろ補強される」と強調した。

 金雲龍(キム・ウンヨン)司令官は地上作戦司令部について、「合同作戦を遂行する地上軍最上位の司令部として未来の戦場の環境に見合う役目を全うする」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。