Go to Contents Go to Navigation

習主席 正恩氏の招待受け入れ訪朝計画通知

北朝鮮 2019.01.10 10:32

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が習近平国家主席を北朝鮮に招待し、習主席は招待を受け入れ、関連計画を通知したと報じた。

習主席(右)と金委員長(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 同通信は両氏が「共通の関心事となっている国際および地域問題、特に朝鮮半島の情勢管理や非核化の交渉過程を共同で研究、管理していく問題について率直な意思疎通を行った」とし、2回目の朝米(米朝)首脳会談や非核化問題などについて議論したことを示唆した。

 金委員長は「朝鮮半島の非核化目標を堅持し、シンガポールでの朝米首脳会談で成し遂げた共同声明を誠実に履行し、対話を通じた平和的な解決を追求する基本的な立場には変わりがない」と述べた。

 同通信は「双方は朝鮮半島の核問題の究極的な平和解決の立場を引き続き堅持することで一致した」と明らかにした。

 金委員長は7日に平壌を出発し、8日午前に北京に到着。9日午後に北京を出発し10日午前に平壌に到着した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。