Go to Contents Go to Navigation

レーダー照射問題 韓日国防当局がシンガポールで協議 

記事一覧 2019.01.14 14:57

【ソウル聯合ニュース】韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したと日本が主張する問題で、韓日の国防当局は14日、シンガポールで実務者協議を行っている。

レーダー照射問題を巡り、韓日国防当局がシンガポールで協議を開いた(コラージュ)=(聯合ニュース)

 韓国国防部の関係者によると、協議は14日午前にシンガポールの韓国大使館で行われ、午後は日本大使館で行われる。

 同関係者は「双方は誤解解消に向け事実関係を確認し、十分な意見交換を行う予定」と説明した。

 韓国からは軍合同参謀本部の夫石鍾(プ・ソクジョン)軍事支援本部長、国防部の李元翼(イ・ウォンイク)国際政策官が、日本からは防衛省統合幕僚監部の引田淳・運用部長、同省の石川武・防衛政策局次長が代表として出席した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。