Go to Contents Go to Navigation

レーダー問題巡る韓日当局協議は平行線 韓国が専門家の相互検証提案

韓日関係 2019.01.15 09:40

【ソウル聯合ニュース】韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したと日本が主張する問題で、韓日の国防当局は14日、シンガポールで実務者協議を行った。韓国国防部は「双方は(海上自衛隊の哨戒機による)低空での威嚇飛行など主要争点に対する事実関係と自国の立場を詳しく説明し、相手側の理解を高めた」と説明した。だが、同部のある関係者が「平行線をたどった」と伝えたように、双方の立場の違いが改めて浮き彫りになったようだ。

レーダー照射問題を巡り、韓日国防当局がシンガポールで協議を開いた(コラージュ)=(聯合ニュース)

 協議は午前に韓国大使館、午後に日本大使館で開かれた。韓国から軍合同参謀本部の夫石鍾(プ・ソクジョン)軍事支援本部長、国防部の李元翼(イ・ウォンイク)国際政策官が、日本からは防衛省統合幕僚監部の引田淳・運用部長、同省の石川武・防衛政策局次長が代表として出席した。

 この協議では、海上自衛隊哨戒機が韓国の駆逐艦「広開土大王」から照射されたとするレーダー情報を公開するかどうかが最大の焦点だった。これまで韓国が同情報の公開を要求するのに対し、日本は防衛機密を理由に拒んできた。

 韓国軍筋は「協議で日本側は決定的な証拠であるレーダーの周波数の資料を公開せず、日本側が収集した一部のデータと広開土大王のレーダー体系情報全体を交換するよう要求した」と伝えた。これに対し韓国側は情報の非対称性を指摘し、日本側が収集したと主張するレーダー情報を基に専門家が相互検証するよう提案したという。

 また、「韓国はこれまで日本側が一方的なメディア発表などにより事実を糊塗(こと)し問題を拡散させたことに深い遺憾の意を表し、韓国が抑えた対応に努めていることを強調した」と伝えた。

 この問題は先月20日、韓国の艦艇が遭難した北朝鮮の漁船を捜索する際に発生した。日本は広開土大王が海上自衛隊の哨戒機に射撃用の火器管制レーダーを何度も照射したと主張し、これに韓国は映像撮影用の光学カメラを稼働させただけで火器管制レーダーは照射していないとし、むしろ哨戒機が低空で威嚇飛行したことに謝罪を求めている。双方の国防当局は先月27日に実務級のテレビ会議を行ったが認識の隔たりが明らかになっただけで、その後、日本の防衛省は哨戒機が撮影した映像を公開し、韓国国防部は反論する映像を示した。

 この日、対面での協議も結論を出せずに終わった。韓国軍筋は「両国は次の協議日程を決めるため、追って話し合うことにした」と伝えた。

韓国国防部が動画投稿サイトのユーチューブで公開した映像(同部ユーチューブから)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。