Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の金英哲党副委員長 近く訪米しポンペオ氏と協議か

記事一覧 2019.01.15 11:15

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の対韓国・外交政策を担う金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長が早ければ17~18日ごろに訪米し、ポンペオ米国務長官と協議する可能性があることが15日、外交筋の話で分かった。2回目の朝米(米朝)首脳会談開催を調整するための高官協議となる。

金副委員長(手前左)とポンペオ長官(同右)が近く、朝米首脳会談開催を調整するため協議する可能性がある=(聯合ニュース)

 朝米関係に詳しい外交筋は「朝米は高官協議を行おうと、具体的な話し合いを進めていると承知している」と伝えながら、ポンペオ氏のスケジュールを踏まえると高官協議は17~18日ごろ可能との見方を示した。

 別の外交筋も、朝米が接触を続けており、高官協議に向けた流れがあるとした。ただ、ポンペオ氏の外交日程に合わせなければならず、まだ見守る必要があるとした。

 昨年11月にも金氏が訪米を予定したが、延期されている。

 金氏が近く米ワシントンでポンペオ氏と協議すれば、来月とも予想される2回目の朝米首脳会談の具体的な時期や場所などが決定すると見込まれる。金氏がトランプ米大統領に会う可能性もあるとされる。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。