Go to Contents Go to Navigation

日本が軍艦のレーダー情報全体を要求 「非常に無礼」=韓国国防部

記事一覧 2019.01.15 14:43

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は15日の定例会見で、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したと日本が主張する問題を巡り韓日の国防当局がシンガポールで14日に行った実務者協議について、「日本は(哨戒機が照射を受けたとする)レーダーの周波数を公開しなかった」と明らかにした。また、「日本はわれわれの軍艦のレーダー情報全体について(開示を)要求した」と説明し、「非常に無礼な要求で、問題解決の意志がない強引な主張だ」と指摘した。

レーダー問題を巡り、韓日国防当局はシンガポールで協議を開いた(コラージュ)=(聯合ニュース)

 シンガポールでの協議には韓国から軍合同参謀本部の夫石鍾(プ・ソクジョン)軍事支援本部長、国防部の李元翼(イ・ウォンイク)国際政策官が、日本からは防衛省統合幕僚監部の引田淳・運用部長、同省の石川武・防衛政策局次長が代表として出席。午前に韓国大使館、午後に日本大使館で協議したが、照射を主張する日本とこれを否定する韓国の議論は平行線をたどり、双方の立場の違いが改めて浮き彫りになったとされる。

 崔氏は今後の協議の開催見通しについて、「その協議については追って話し合うことにした」とし、韓国は周波数など正確かつ客観的なデータの提示を継続して求めていると説明した。また「日本側は(自らが持つデータの)一部を公開するから、それと関連した(韓国軍艦のレーダー情報)全体をくれと言っているため、受け入れることはできなかった」と重ねて伝えた。

 シンガポールでの協議の雰囲気については、「日本の哨戒機の低空威嚇飛行に対し、こと細かく日本側に要求し、質問した」とし、「日本側は威嚇飛行ではないと主張しているが、われわれの乗組員が脅威を感じるほどの雰囲気だったことを話し、(これについて日本側が)一部うなずく部分があったと承知している」と述べた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。