Go to Contents Go to Navigation

公共機関作業場での事故 「経営陣に責任問うべき」=文大統領

記事一覧 2019.01.15 16:04

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日の首席秘書官・補佐官会議で、公共機関の作業場安全管理の改善策について報告を受け、「(作業場で)事故が発生すれば社長をはじめとする経営陣にも責任を問うべきだ」と述べた。青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が15日に伝えた。

14日の首席秘書官・補佐官会議で発言する文大統領=(聯合ニュース)

 文大統領は特に、非正規社員の男性が先ごろ火力発電所での作業中に事故で死亡したことを念頭に、「少なくとも公企業、公共機関、または公共部門ではこうした類いの生命を害する事故がないよう、確固とした意志が必要だ」と強調。公共機関を管理する企画財政部が、非常に厳格な公共機関管理指針を設ける必要があると指摘した。

 また、「民間の領域でも産業(労働)災害事故の隠蔽(いんぺい)がたくさん起きている」と述べ、こうしたことにも特に気を配るべきだと注文した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。