Go to Contents Go to Navigation

韓国の世界記憶遺産まとめた単行本 研究機関が発刊

記事一覧 2019.01.15 17:10

【安東聯合ニュース】研究機関の韓国国学振興院は15日までに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に登録された韓国の「世界の記憶」(世界記憶遺産)16件をまとめた単行本を発刊した。同院によると、個人の研究者が韓国の世界記憶遺産を紹介する本はこれまでにもあったが、16件の世界記憶遺産を整理し、その価値と活用方法までも記した書籍は初めてだという。

韓国国学振興院が発刊した単行本(同院提供)=(聯合ニュース)

 現在、韓国では15の機関が世界記憶遺産を重点的に管理している。その大半が登録を主導した機関や記録物を所蔵する機関だ。単行本の執筆には、記録物の登録に関わったり、これを管理したりしている専門家が加わった。

 韓国の世界記憶遺産としては、訓民正音解例本や朝鮮王朝実録(いずれも1997年登録)、韓日の関係自治体や民間団体が共同で申請した朝鮮通信使関連資料(2017年登録)などがある。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。