Go to Contents Go to Navigation

PM2.5濃度ようやく下がる 寒さ厳しく=韓国

記事一覧 2019.01.16 08:58

【ソウル聯合ニュース】韓国は16日、微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が下がった一方、厳しい冷え込みとなっている。

厚着をして足早で歩く市民(資料写真)=(聯合ニュース)

 PM2.5の濃度は数日にわたり高い状態が続き、大気汚染を過去最悪水準にしていたが、16日の濃度は全地域で「良い」(低い)または「普通」と予想される。

 一方、気温は前日に比べ大幅に下がった。午前8時の主要都市の気温は、ソウルが氷点下9.8度、江原道・春川が氷点下13.5度、大田が氷点下8.5度、光州が氷点下5.7度、大邱が氷点下5.3度、釜山が氷点下4.3度と、ほとんどの地域で氷点下を観測した。

 風が強く吹くため、実際の気温以上に寒く感じられる。ソウルの体感気温は氷点下15度程度。

 日中の最高気温は高い所で6度、低い所で氷点下2度と予想される。広い範囲で晴れるが、朝鮮半島中部は夜、雲が広がり、雨がぱらつく所もありそうだ。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。