Go to Contents Go to Navigation

開城団地と金剛山観光 「再開検討している段階ではない」=韓国外相

記事一覧 2019.01.16 13:21

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は16日、国内メディア向けの年頭会見で、中断している南北経済協力事業、開城工業団地と金剛山観光について、「韓国政府としては再開を検討している段階ではない」と述べた。両事業の再開が北朝鮮の非核化措置への見返りとして検討可能かどうかを問う質問に答えた。

記者会見する康京和長官=16日、ソウル(聯合ニュース)

 康氏は、両事業が韓国の国民や北朝鮮の関心事であることを踏まえ、どんな非核化措置にどんな相応の措置があり得るのか、さまざまな組み合わせを韓米間で検討していると説明。ただ、「具体的な結果は、最終的には北と米国の交渉テーブルで出ると思う」と述べた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。