Go to Contents Go to Navigation

開城団地企業関係者の訪朝申請 検討期間延長へ=韓国政府  

記事一覧 2019.01.16 14:01

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官は16日の定例会見で、北朝鮮との経済協力事業で現在は操業を中断している開城工業団地の韓国企業関係者が提出した訪朝申請について、承認するかどうか検討する期間を延ばすことを企業側に口頭で伝えたと説明した。決定は来週に持ち越されそうだ。

申請書の提出に先立ち、訪朝許可を強く求める韓国企業関係者=(聯合ニュース)

 白氏は「開城工業団地の企業関係者の訪朝に関しては関係官庁の協議などに時間が必要だ」と述べ、延長が必要な措置はこの日または翌日までに取られるとの見方を示した。

 こうした申請は提出日から7日(平日を基準)以内に処理されるが、さらに7日間の延長が可能。本来の今月17日の期限を延ばし、25日までに決定するということになる。

 企業側は9日、開城工業団地にある自社施設を点検したいとし、訪朝許可を求める申請書を統一部に提出した。2016年2月に同団地の操業が中断してから今回を含め7回申請したが、訪朝はまだ実現していない。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。