Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(1月17日)

記事一覧 2019.01.17 10:00

◇銀行の伝貰用融資急増 不動産対策実施以降 

 韓国政府が昨年9月13日に発表した不動産対策により不動産売買市場が停滞し、主要銀行の10~12月期の伝貰(チョンセ)用融資が大幅に増加したことが分かった。伝貰は家賃の代わりに入居時に高額を預けるマンションなどの賃貸の方式。不動産対策は住宅の複数所有者に対して、規制地域に指定された地区での住宅購入を目的とする融資を原則的に認めないとする内容で、対策によって売買の需要が賃貸に移行したと分析される。

ソウル市内の銀行に掲示された伝貰用融資の案内(資料写真)=(聯合ニュース)

◇韓国がC組1位で決勝Tへ サッカーアジア杯

 サッカーのアジア・カップは16日、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで1次リーグC組最終戦が行われ、韓国が中国を2―0で下して3連勝し、同組1位が確定した。韓国は前半14分、MF孫興民(ソン・フンミン、トットナム)が獲得したPKをFW黄義助(ファン・ウィジョ、ガンバ大阪)が決めて先制。後半6分、DFキム・ミンジェ(全北)のヘディングによる得点で突き放した。59年ぶりの優勝を目指す韓国は22日、決勝トーナメント初戦に臨む。

◇北朝鮮高官の訪米迫る 沈黙守る米国 

 北朝鮮の対韓国・外交政策を担う金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長の訪米が迫る中、米国政府は沈黙を守ったまま慎重な対応を貫いている。米CNNテレビなどによると、金副委員長は17日(現地時間)米ワシントンに到着し、翌日ポンペオ米国務長官と面会するとみられる。トランプ米大統領との面会の可能性も取り沙汰される中、金副委員長が持参する金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の親書に記されたメッセージに関心が集まっている。

◇PM2.5収束 気温は平年並みに

 17日は中国・上海付近の高気圧の影響で、午後から全国的に晴れる見通しだ。大気の拡散が円滑に進み、微小粒子状物質(PM2.5)の濃度は全国で「良い」(低い)~「普通」レベルと予想される。日中の気温は2~8度で、当分の間平年並みか少し高い気温が続くとみられる。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。