Go to Contents Go to Navigation

韓国の18年出生率1.0割り込む 出生数30万人台は維持

記事一覧 2019.01.18 06:30

【ソウル聯合ニュース】韓国大統領直属の「低出産・高齢社会委員会」の関係者は18日、韓国の2018年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産むと予想される子どもの数)は0.96から0.97で、出生数は32万5000人程度だったようだと明らかにした。

低出産・高齢社会委員会は昨年12月、少子高齢社会政策のロードマップを発表した=(聯合ニュース)

 韓国の合計特殊出生率は、人口の維持に必要な2.1をはるかに下回る。17年は過去最低の1.05に落ち込み、18年はさらに1.0を割り込んだ。

 政府は少子高齢社会の基本計画を06年から5年ごとに取りまとめ、第3次基本計画(16~20年)では20年までに「合計特殊出生率1.5」を達成するとの目標を掲げた。だが、信頼できる保育・幼児施設が不足し、若者の安定した職や住居が保障されない社会環境で、政府の出生率引き上げ努力は効果がなかった。

 これを受け、政府は出生率の引き上げにきゅうきゅうとするのではなく、全世代の生活の質を向上させ男女平等を確立する方向に政策を転じた。低出産・高齢社会委員会が昨年12月に発表した政策ロードマップ(行程表)では、少子化政策の焦点はそれまでの出産奨励から生活の質改善に変わっている。出生率目標に執着しない代わりに、少子化対策に長期的に取り組み、年間出生数が人口学者の間で心理的節目となっている30万人を割り込まないようにすることを目標としている。

 同委員会の関係者は「医療費や養育費の負担をできる限り軽減し、各家庭が基本的に2人の子どもを育てられる環境を整えたい」と話している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。