Go to Contents Go to Navigation

韓国の18年自動車生産・輸出が減少 国内販売は小幅増

記事一覧 2019.01.18 11:02

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は18日、2018年の自動車生産は暫定集計で約402万9000台と前年比2.1%減少、輸出も約244万9000台で同3.2%減少したと発表した。3年連続で生産と輸出がそろってマイナスとなった。一方、国内販売は約181万3000台で1.1%増加した。

輸出を待つ自動車(資料写真)=(聯合ニュース)

 生産の減少は、韓国GMの群山工場(全羅北道群山市)閉鎖などが影響した。

 輸出は最大市場の米国の販売低調が響いた。ただ、比較的高額な電気自動車(EV)とスポーツタイプ多目的車(SUV)、大型車の輸出が増えたことから、輸出額は1.9%減と、輸出台数に比べると減少率が小さかった。

 国内販売は新車効果、個別消費税の引き下げ、輸入車業界の積極的なプロモーションなどを背景に小幅増加した。このうち韓国車はSUV販売が伸びた半面、それ以外の車種が苦戦し、0.7%減の約153万2000台と集計された。輸入車はBMWの出火問題があったものの、排気ガス不正問題で前年に販売を中止していたフォルクスワーゲン(VW)と傘下のアウディが販売を再開し、全体で12.0%増の約28万1000台となった。 

2018年12月と通年の自動車生産台数、国内販売台数(韓国車と輸入車)、輸出台数などの集計結果=(聯合ニュース)

 一方、エコカーは国内外の需要増加に伴い国内販売が26.3%、輸出が10.1%、それぞれ増加した。エコカーが国内販売全体に占める割合は6.8%、輸出全体の8.0%だった。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。