Go to Contents Go to Navigation

米大学生死亡 北朝鮮に賠償命じる判決文送付=米連邦地裁

記事一覧 2019.01.18 14:18

【ソウル聯合ニュース】米連邦地裁が北朝鮮に対し、同地に約1年半拘束され昏睡(こんすい)状態で解放された後に亡くなった米国人大学生、オットー・ワームビア氏の遺族に5億113万ドル(約548億円)の賠償を支払うよう命じる判決文を送ったことが分かった。米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が18日、報じた。

2016年2月、平壌で記者会見を開いたワームビア氏=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)

 米ワシントンの連邦地裁は判決から3週間後の16日(現地時間)、平壌の北朝鮮外務省に国際便で判決文を送付した。受取人は李容浩(リ・ヨンホ)外相で、到着予定日は今月30日だ。

 ワームビア氏は2016年1月、観光目的で訪れた平壌のホテルで政治的スローガンが書かれた物を持ち去ろうとしたとして拘束され、同年3月に国家転覆陰謀罪で15年の労働教化刑(懲役刑に相当)を言い渡された。17カ月にわたる拘束の末、17年6月に昏睡状態で解放され米国に帰国したが、同月死亡した。

 ワームビア氏の遺族は昨年10月、北朝鮮政府に対し11億ドルの損害賠償を求めて訴訟を起こし、米連邦地裁は先月24日(現地時間)、5億113万ドルの賠償を命じる判決を言い渡した。

 だが、地裁の判決文を北朝鮮が受け取ったとしても、北朝鮮が賠償金を支払う可能性は高くないとみられる。

 米連邦裁判所は16年、北朝鮮の刑務所で死亡したとされる金東植(キム・ドンシク)牧師について、3億3000万ドルを賠償するよう命じる判決文を北朝鮮外務省と米ニューヨークの国連北朝鮮代表部、ロンドンと北京の北朝鮮大使館に送ったが、返送された例がある。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。