Go to Contents Go to Navigation

韓国・大邱の少女像に落書き 50代の男を立件

社会・文化 2019.01.18 16:23

【大邱聯合ニュース】韓国南東部の大邱中部警察署は18日、大邱市の中心部に設置されている旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」に落書きをした容疑(軽犯罪処罰法違反)で、50代の男を立件したと発表した。

額に落書きされた少女像(大邱地方警察庁提供)=(聯合ニュース)

 男は11日午前、同市の2・28記念中央公園前に置かれている少女像の額にハングルで「サン」、漢字で「山」などと油性マジックで落書きした疑いが持たれている。警察の事情聴取に対し、「像の前に花やごみがたくさんあり、見た目が良くないため落書きした」と供述したとされる。

 警察は12日に少女像が傷つけられたという通報を受け、周辺の防犯カメラの映像などから容疑者を突き止めた。落書きはすでに消されている。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。