Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏の側近 訪米日程終え帰国の途に

記事一覧 2019.01.20 09:33

【ワシントン聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の側近の金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長は19日午後(米東部時間)、3日間の訪米日程を終え、帰国の途についた。

金正恩側近の金英哲氏=(聯合ニュース)

 金英哲氏はこの日午後3時49分、米ワシントン近郊のダレス国際空港から中国・北京に向け出発した。空港で報道陣の質問には一切応じなかった。

 ワシントンではトランプ大統領と1時間半にわたり会談し、2回目の朝米(米朝)首脳会談や非核化について話し合った。また、ポンペオ米国務長官らとも会談した。トランプ氏との会談では金委員長からの親書を渡した可能性があるが、ホワイトハウスは言及していない。 

ダレス国際空港に到着した金英哲氏(左端)=19日、ワシントン(聯合ニュース)

 一方、米ホワイトハウスは18日、朝米首脳会談を2月末ごろに開催すると発表した。会談の場所は後日公表するとしている。これについて、トランプ氏は19日、「2回目の米朝首脳会談の開催国を選定したが、後に公表する」と述べた。候補地としてはベトナム、タイ、ハワイなどが取りざたされている。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。