Go to Contents Go to Navigation

正恩氏 南北会談時に集団体操の変更指示=韓国側に配慮

記事一覧 2019.01.20 11:16

【ソウル聯合ニュース】昨年9月、北朝鮮・平壌で開かれた南北首脳会談当時、文在寅(ムン・ジェイン)大統領ら韓国代表団が観覧したマスゲーム・芸術公演「輝く祖国」の内容変更は金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の指示で行われたことが分かった。

公演に登場した朝鮮半島旗(資料写真)=(聯合ニュース)

 公演の総演出を担当した「血の海歌劇団」のキム・モクリョン総長は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙、朝鮮新報とのインタビューで明らかにした。韓国代表団が緊張しないよう、南北統一をテーマした歌を選ぶなどとしたほか、国旗掲揚式では朝鮮半島旗(統一旗)を使うよう、金委員長が指示したという。

 当時の公演はオリジナルバージョンと比べると、体制宣伝の内容が減り、文大統領への歓迎の意を盛り込んだ内容が加えられた。文大統領に同行していた青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は北朝鮮関係者が公演内容の70%が変更されたと説明したと紹介していた。

 北朝鮮が昨年披露した同公演は建国70周年記念日の9月9日から11月5日まで実施された。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。