Go to Contents Go to Navigation

韓国弁護士団体「強制動員被害者集め新日鉄住金を追加提訴」

韓日関係 2019.01.22 14:39

【ソウル聯合ニュース】韓国の進歩(革新)系弁護士団体「民主社会のための弁護士会」が、日本による植民地時代に当時の日本製鉄(現・新日鉄住金)に強制動員された被害者を集め、追加訴訟を起こす方針を固めた。

東京の新日鉄住金本社(資料写真)=(聯合ニュース)

 同団体側は22日に資料を出し、「大法院(最高裁)の賠償判決にもかかわらず、新日鉄住金はいかなる協議の意思も見せていない」とした上で、まだ訴訟を起こせずにいる被害者の代理として同社を提訴すると明らかにした。

 被害者や遺族を対象にした訴訟の説明会を25日にソウルで開く。3月8日まで相談の申し込みを受けた後、原告団を構成して訴訟を起こす計画だ。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。