Go to Contents Go to Navigation

米朝対話で「非核化の実質的進展期待」=韓国政府

記事一覧 2019.01.22 16:41

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は22日の定例会見で、北朝鮮と米国が2回目の朝米(米朝)首脳会談に向けた実務協議を行ったことを受けて「朝米対話のモメンタム(勢い)がさらに強化された」と述べ、「完全な非核化に関して実質的な進展があることを期待する」との立場を示した。

魯圭悳報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 魯報道官は、スウェーデンで行われた実務協議に北朝鮮核問題を巡る6カ国協議の韓国首席代表を務める李度勲(イ・ドフン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長ら韓国代表団が出席した意味を問われると、今回の協議は非公開で行われ、参加国は議論した内容について外部に公開しないことで意見が一致したと述べるにとどめた。

 その上で、政府は朝米対話を促進し、完全な非核化と恒久的な平和体制構築のためのさまざまな努力を展開してきたとしながら、韓国が今回の実務協議に出席したのもこのような努力の一環だと強調した。

 このほか、実務協議が当初予定されていた4日間から3日間に短縮されたのではないかとの質問には「予定通り会議が行われたと承知している」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。