Go to Contents Go to Navigation

米朝再会談 「平和定着に向けた実質的成果へ努力」=韓国統一相

記事一覧 2019.01.22 16:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官は22日、近く開催が見込まれる2回目の朝米(米朝)首脳会談に関し、「会談の成功を通じ、朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和定着に向けた具体的かつ実質的な成果を得られるよう、政府はあらゆる努力を尽くす」と表明した。政府系シンクタンク、統一研究院がソウルで開催した学術会議に寄せた祝辞を同部統一政策室長が代読した。

趙明均長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 趙氏はまた、今年を「南北の対話と協力を発展させながら、平和と和解の流れを揺るぎなく定着させる年にしていきたい」と意欲を示した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。