Go to Contents Go to Navigation

アジア最大のドローン展示会 韓国・釜山で24日開幕

IT・科学 2019.01.23 20:49

【釜山聯合ニュース】アジア最大規模のドローン(小型無人機)の展示会「ドローン・ショー・コリア」が24日、韓国・釜山の展示コンベンションセンター・BEXCOで開幕する。26日まで。

2018年の「ドローン・ショー・コリア」の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 釜山市、産業通商資源部、科学技術情報通信部が共催し、BEXCOと韓国無人機システム協会が主管する同イベントは過去最多規模の110社(344ブース)が参加し、最先端のドローンを披露する。

 展示場は水中・水上用の無人船舶を展示する海洋特別館、ドローンの活用例を紹介する空間情報特別館、公募展特別館で構成される。

 公募展特別館では無人機を利用した活用例のアイディアを競うコンペなどが行われる。

 韓国陸軍は偵察監視用ドローン、爆発物撤去用ロボット、ドローンを無力化するためのアンチ・ドローンシステムなどを公開する。

 そのほかにも、ドローンを利用したレースなどの競技も行われる。

 コンベンションホールでは2日間にわたり、韓国、米国、英国、日本、中国、デンマーク、モロッコのドローン専門家約50人が軍事、農業、通信、スマートシティー、防災、気象、5G通信、国有財産の管理などの分野で活用されるドローンの使用例を紹介する。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。