Go to Contents Go to Navigation

韓国童謡「Baby Shark」 ビルボード3週連続ランクイン

記事一覧 2019.01.24 13:50

【ソウル聯合ニュース】韓国のコンテンツ企業、スマートスタディーが制作した童謡「Baby Shark」が、米ビルボードの最新シングルチャート「ホット100」(米現地時間23日発表)で前週から1ランクアップの37位を記録し、3週連続でランクインした。

童謡「Baby Shark」が米ビルボードのシングルチャートに3週連続ランクインした(資料写真)=(聯合ニュース)

 「Baby Shark」は今月8日、同チャートの32位に初登場した。韓国の歌謡曲でなく童謡が「ホット100」にランクインしたのは初めて。

 この曲は北米圏の伝承童謡を編曲した歌で、スマートスタディーが幼児向け教育コンテンツ「PINKFONG(ピンクフォン)」を通じ2015年に披露した。「サメのかぞく」と題した日本語バージョンもある。サメの家族を紹介する内容で、「トゥルルットゥル」と繰り返されるフレーズが耳に残る。

 米ブルームバーグ通信によると同社は今年、動画配信サービスのネットフリックスで北米地域向けに「Baby Shark」のアニメシリーズを公開する予定だ。このほか5~8歳児を対象にした、ペンギンが主人公のコンテンツも構想中だという。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。