Go to Contents Go to Navigation

韓国・イラク外相会談 関係発展策など協議

記事一覧 2019.01.25 12:27

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は訪問先のスイス・ダボスで24日(現地時間)、イラクのハキーム外相と会談し、両国関係の発展策などについて意見を交わした。

外相会談の様子(外交部提供)=25日、ソウル(聯合ニュース)

 康氏は、来週予定された韓国大統領特使のイラク派遣などが今年で国交樹立30年を迎える両国関係のさらなる発展の契機になることを期待すると表明した。韓国政府は国交樹立30年を記念し、韓秉道(ハン・ビョンド)イラク特任外交特別補佐官を大統領特使として28~30日にイラクへ派遣する予定だ。

 イラクでは昨年秋の新内閣発足後、過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いなどで荒廃した国土の再建が本格化している。康氏はイラク再建に一段と多くの韓国企業が安全に参画できるよう、関心と支援を要請。これに対し、ハキーム氏はイラクの再建や経済発展へ韓国企業が果たしてきた役割を評価し、先端技術や教育、保健などの分野で韓国との交流・協力を深めていきたいと述べた。

 また、康氏は朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和定着に向けた韓国政府の努力を説明し、継続的な支持を求めた。ハキーム氏は南北関係の進展を目指す韓国の努力を評価し、引き続き支持すると応じた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。