Go to Contents Go to Navigation

中央選管委員の任命強行に野党反発 臨時国会開催は不透明に=韓国

記事一覧 2019.01.25 15:02

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が中央選挙管理委員会委員へのチョ海珠(チョ・ヘジュ)氏の任命を強行したことに、保守系野党が猛反発している。特に最大野党「自由韓国党」は国会ボイコットを宣言し、議場の外で座り込みをするなどしており、2月の臨時国会の開催は不透明になっている。

議場の外で座り込みをする自由韓国党の関係者=25日、ソウル(聯合ニュース)

 自由韓国党などは、チョ氏が2017年の大統領選で当時の文候補陣営で公明選挙特別補佐官を務めた経歴などを問題視した。これを巡る与野党の対立で、チョ氏は国会での人事聴聞会を経ないまま24日に中央選管委員に任命された。

 与党の「共に民主党」は、チョ氏の任命は人事聴聞会を拒否した野党の「職務放棄」によるものだとして、これを理由にした野党の攻勢は政争にすぎないとの立場だ。

 一方の自由韓国党と野党第2党「正しい未来党」は、政治思想の偏りが指摘されるチョ氏の中央選管委員任命は大統領が国会を無視した振る舞いであり、与野党の協力政治を放棄する宣言にほかならないとして、厳しく対応する構えをみせている。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。