Go to Contents Go to Navigation

ソウルモーターショー3月29日開幕 テーマは「エコ・知能化・移動革命」

記事一覧 2019.01.27 15:26

【ソウル聯合ニュース】ソウルモーターショーの組織委員会は27日、3月29日に開幕する同ショーのテーマが「持続可能で知能化する移動革命」に決まったと発表した。

前回2017年のソウルモーターショー=(聯合ニュース)

 ソウル郊外の国際展示場、KINTEX(京畿道高陽市)で4月7日まで開かれる今回のソウルモーターショーのテーマについて組織委は「持続可能なエネルギーによるエコの進化」と「無限に連結できる知能化した自動車」のほか、従来の移動手段を越えたモビリティーの新たなビジョンを意味すると説明した。

 完成車と自動車部品のほか、車と情報通信技術(ICT)が融合するエコカーや自動運転車、水素融合技術などに関する企業も出展し、先端技術を披露するという。

 1995年に始まったソウルモーターショーは国際自動車工業連合会(OICA)が公認する韓国唯一の国際モーターショー。基本的に隔年開催され今年12回目を迎える。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。