Go to Contents Go to Navigation

文大統領がカタール首長と首脳会談 協力強化策を議論

記事一覧 2019.01.28 14:39

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、青瓦台(大統領府)でカタールのタミム首長と首脳会談を行い、「全方位的パートナー関係」である両国の実質的協力を具体化するための方策を議論した。

握手を交わす文大統領(右)とタミム首長=28日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は今年最初の首脳外交となる今回の会談で、カタールが中東で初めてサッカーの2022年ワールドカップ(W杯)大会を招致したことに対し祝意を述べた上で、韓国のW杯や平昌冬季五輪の開催経験を共有し、開催成功に向けて支援する考えを示した。

 また、両国間の貿易規模は170億ドル(約1兆8590億円)に達し、多くの韓国企業がカタールに進出してインフラ建設や経済発展に努めていると説明。一方で韓国はLNG(液化天然ガス)輸入でカタールに大きく依存しているとした。

 文大統領は「両国はさまざまな分野で協力関係をさらに発展させる多くの潜在力を持っている」として、国交樹立40周年を迎え国際舞台で協力を強化していきたいと強調した。

 タミム首長はこれに対し、W杯の準備は計画通り進んでいるとしながら「今回の訪韓が両国関係をいっそう強化する契機になるだろう」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。