Go to Contents Go to Navigation

アジア・太平洋通信社機構事務局長に聯合ニュース記者

記事一覧 2019.01.30 16:08

【ソウル聯合ニュース】アジア・太平洋通信社機構(OANA)の実務全般を担当する事務局長に韓国の国家基幹ニュース通信社、聯合ニュースの李東ミン(イ・ドンミン)英文経済ニュース部先任記者が就任することが30日までに内定した。同社は11月にソウルでOANA総会を主催する。

昨年9月にイランのテヘランで開かれたOANA理事会の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 OANAはアジア・太平洋地域における円滑なニュース情報交流、域内・外通信社間の協力強化などを目的に、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の主導で1961年に設立された。現在、聯合ニュースのほか日本の共同通信、中国の新華社、ロシアのタス通信など35カ国の通信社44社が加盟している。

 次期会長社の聯合ニュースは11月の総会で現会長社の国営アゼルバイジャン通信から会長社の職務を引き継ぎ、事務局を3年間運営する。

OANA事務局長に内定した聯合ニュースの李東ミン先任記者=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。