Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子の18年営業益が最高更新 半導体が7割超占める

記事一覧 2019.01.31 09:45

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が31日発表した2018年10~12月期の連結決算(確報値)によると、本業のもうけを示す営業利益は10兆8000億ウォン(約1兆570億円)で、前年同期比28.7%減少した。四半期ベースで過去最高となった前期比では38.6%減少。それでも18年通期は58兆8900億ウォンと、2年連続で過去最高を記録した。このうち半導体事業が44兆5700億ウォンで、営業利益全体の75.7%を占めた。

半導体事業を中心に、サムスン電子が2018年に再び過去最高の業績を記録した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 10~12月期の売上高は59兆2700億ウォンで、過去最高だった前年同期比で10.2%、前期比も9.5%、それぞれ減少した。通期は過去最高となる243兆7700億ウォンと集計された。

 通期の当期純利益は44兆3400億ウォンだった。17年に続き18年も売上高と営業利益、当期利益がそろって過去最高を更新した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。